×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


11.03「東方シリーズとはこんなゲームだッ!」
 




(冗談のわからない人や熱心な東方ファンの方は読まないでください)




最近このサイトでは良く東方東方と騒いでいますが、
恐らくこのサイトを訪れるほとんどの方にとっては「なんのこっちゃ?」という感じだと思います。
そこで一発特集を組んで、「東方シリーズ」をじっくりと説明してみることにします。
これさえ読めば明日から君も東方マスターだッ!


「東方シリーズ」とは、上海アリス幻樂団さんというサークルが作った弾幕シューティングゲームのことです。
現在公開されているのは「東方紅魔郷」「東方妖々夢」「東方永夜抄」の三作品。
いずれも舞台は同じ場所で、東方ブランドの作品は全て同じ世界観を取る形になっています。


では、まずはストーリーを紹介しましょう。


舞台はこの世の外れに位置する、巨大で強力な結界に守られた楽園・幻想郷。
人間と妖怪が今なお共存する、静かで呑気で平和な土地です。
たまに妖怪は人間を食べたりしますが、そこは妖怪ですから、仕方がありません。


↑このゲームには様々な妖怪が出てくるぞ!


ところが、この理想郷では、たまにおかしなことが起こります。
ある時は霧があたり一面を覆ってしまい、日の光が届かなくなってしまったり。


↑何も見えない! この霧は明らかに異常だ!


ある時はいつまで経っても春が来なかったり。


↑猛然と吹きすさぶ猛吹雪! 凍りつく世界!


ある時は、幻想郷から満月が失われてしまったり。


↑月の秘密を探るため、強力な魔法で「夜」を止める!


そのたびに異変を取り除くべく、重い腰を上げる幻想郷の住人たち。
プレイヤーはそんな住人たちのひとりになって、この異変の原因を確かめるために出かけてゆきます。
これが東方シリーズに共通する簡単なストーリーです。



次に、プレイヤーキャラについて。
操作できるキャラは何種類もいて、一作ごとにメンバーが異なります。
ここではそんなキャラクターたちの中から、ほんの何人かだけ抜粋してご紹介したいと思います。



楽園の素敵な巫女  博麗 霊夢(はくれい れいむ)

幻想郷にある小さな神社・博麗神社を管理する巫女さん。主に空を飛ぶ程度の能力をもつ。
主な武器は霊力の篭った符とホーミング攻撃。威力はそれほど強くないが、画面内の敵は残らず殲滅が可能!


↑退魔の力をもつ符。これを飛ばして敵を攻撃する。使い方によっては結界も張れるぞ。


↑他の追随を許さぬ精度を誇るホーミング攻撃。どんな敵にも必ず当たる!



普通の魔法使い  霧雨 魔理沙(きりさめ まりさ)

魔法の森に住む黒衣の魔法使い。魔法を使う程度の能力を持つ。
レーザー攻撃をはじめとした圧倒的な攻撃力と高い機動力が魅力。ガンガン攻める人にオススメだ!


↑鋭いレーザービームを照射! 貫通効果もあり破壊力は抜群!


↑場合によってはミサイルも発射! もちろんすごい威力だぞ!



紅魔館のメイド  十六夜 咲夜(いざよい さくや)

その非凡な能力ゆえ人間界を追われ、今は吸血鬼の館を仕切るメイドさん。時を操る程度の能力を持つ。
攻撃範囲の広い投げナイフと豊富な弾数は圧巻。初心者向きの使いやすいキャラクターだ!


↑一度に大量のナイフをバラ撒く。霊夢ほどではないが命中率も高いぞ!


↑このとんでもない数の刃物を受けて無事でいられる敵はいない!




他にも様々なキャラクターがいて、彼女らが時には味方になったり、敵になったりしながら話は進んでゆきます。


↑ささいなすれ違いからいがみ合う少女たち! 戦う運命からは逃れられない!


↑人間と妖怪が手を組んで共に戦うこともあるぞ!


この多彩なキャラクターたちがこのゲームの魅力のひとつです。
しかし、このゲームの最大の魅力は他にあります。


このゲーム最大の魅力。
それは、とにかく敵の吐き出す弾数が多いことです!


↑画面中を覆い尽くす信じられない量の弾幕!


↑ものすごい数の敵弾が一斉に襲いかかってくる!


↑特にボスは「スペルカード」を使って凄まじい攻撃をしてくるぞ!


これでは一見、ゲームクリアは不可能に見えるでしょう。
しかし! なんと、不思議なくらいにするする避けられるのです!


↑わずかな隙間をすばやく抜けろ! どんな弾幕にも必ずスキはある!


↑避ける時に弾にかすればどんどん点数が高くなるぞ!


その秘密は「低速移動」システムにあります。
決められたボタンを押しっぱなしにすることで、キャラをゆっくり、かつ精密に動かすことができるのです。
しかも低速移動時は当たり判定が表示される(紅魔郷以外)ので、なおさら敵弾に当たりにくくなります。


↑慎重に動いて敵弾を回避! 一瞬たりとも気は抜けない!


ところが、いくら低速移動を使っても、逃げ場がなくなる時や当たってしまう時は必ずあります。


↑しまった! 敵弾に当たってしまった!


ですがこんな時もすぐにあきらめないで、とっさにボムボタンを押してみましょう。
するとこのゲーム独自のシステム「喰らいボム」が発動し、ミスを回避できるのです!



↑格好良い特殊エフェクトが出て……


↑とっさに反撃! 敵弾をすべて相殺してアイテムに変え、同時に敵に大ダメージ!


もちろん特殊技はキャラごとに違い、それぞれがオリジナリティあふれるボムを持っています。
それぞれの特性を良く把握し、局面に応じて使い分けましょう。


↑魔理沙のボム、恋符「マスタースパーク」。極太ビームが画面を貫く! あとには何も残さない!


↑咲夜のボム、メイド秘技「殺人ドール」。無数の巨大なナイフが、一斉に敵に突き刺さる!





このように、このゲーム最大の醍醐味はとにかく「大量の敵弾を爽快に避けること」にあります。
美しい花火のような弾幕を、スレスレのところで避けていく快感。一度ハマると病み付きになること間違いなしです。
もちろん難易度も初心者用からシューティングの鬼用まで多数揃っているので、自分の腕に合わせたプレイが可能。
また音楽も非常に秀逸ですし、スペルカードゲットや高得点リプレイ作成などプラスアルファ部分も超充実。
総じて市販のシューティングゲームを上回りかねないほどの完成度。同人ゲームとはとても思えません。
(さらに言うなら、これは音楽も絵もプログラムも全部たったひとりで作り上げた作品だったりするのです!)


少しでも気になった方は、是非公式サイトから体験版をダウンロードしてみるべし。
最初は「東方妖々夢」がオススメです。それをプレイしてみて気に入ったら、紅魔郷や永夜抄もやってみましょう。
そしてさらに気に入った方は製品版を購入推薦。体験版以上の満足が得られること間違いなしです。
以上、東方シリーズ紹介コーナーでした。マジで面白いから、みんなも是非プレイしてみてくれよなっ!





……ごめんなさい。画像は全部「うしおととら」です。
真面目な解説が欲しい方は、こことかこことか公式サイトとかご覧になってくださいね。
ではでは、最後までこんなくだらないネタを見ていただいてありがとうございました。

(参考というかパクリ元・タコパレラ星人の宇宙船(おやヴんさん)の「東方妖々夢はこんなゲームだ!」)



 

昨日もぼそぼそ2004年分に戻る
今日もぼそぼそインデックスに戻る
サイトタイトルに戻る