×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

週刊少年サンデー一行以上感想(2006年第09号) (02/03) 「卵の中身」

都合につき今回は一行以上フォーマットです。ご了承を〜。

ブリザードアクセル(44) あのう、才能なら才能で私は全然構わないから、事前の伏線(説得力)をどうかひとつ……。
鈴木央の全日本フィギュアスケート選手権観戦記 フィギュアのことは良くわかりませんが、幸せそうなのでOKです。
MAR(141) ここでナナシが圧勝ペースだったらペタの勝利が確定してましたが。これってまさかメル側が全勝するの?
名探偵コナン(554) これで犯人が子供だったら神ですが、この漫画はそういうとこ堅実だからないでしょうね。
結界師(107) 弱ってはいてもやっぱり九尾の狐>>良守なわけですね。閃ちゃんの描写はなかなか良い感じどすえ。
ハヤテのごとく!(65) これでやっと咲夜のキャラとしての魅力が出たかな。あと私はダジャレは言わないですよ!
聖結晶アルバトロス(7) 今週の描写で姫様はユウキに恋したことが確定、と見て良いのかな? わかりづらいけど。
  ユウキの助けを拒む姿勢はこれまでと同じですが、その理由は前回までとは少し変わってきているような気がします。
  そういう意味では、前回ラストから今回にかけて、この漫画は地味に大きなターニングポイントを迎えていたのかも。
クロスゲーム(20) 135キロの担当編集って、「いでじゅう」とか「結界師」のおまけ漫画でお馴染みのあの人ですか?
地底少年チャッピー(7) 試みは面白いけど、これって間というか、単に引っ張ってるだけじゃ……。ギャグとして微妙だし。
ワイルドライフ(146) 炭の子はともかく、久々の瀬能さんはちょっと太っ(獄神剣「業風神閃斬」
MAJOR(545) 「数えるほどしか〜」 って主人公かライバル役の台詞じゃなかったら絶対かませ犬の台詞ですよね。
あいこら(27) …………………………………………………………………………………………………………………。
  ……はっ、ちょっとリアルでウルトラマン顔になっちまいました。なんというか、なんというか、おいィィィ弓雁ィィィ!!
  何も知らない子が染まってゆくのが楽しみだったのに……そっち側の人間かよ! 卵の中身はすでに腐ってました!
  みにくいアヒルの子はみにくいアヒルの子じゃなかったんですよ! 最初から白鳥の子だったんですよ! しゅーん。
犬夜叉(443) あれ? 魍魎丸ってあんなにたらこくちびるな子でしたっけ? (どうでもいい)
グランドライナー(5) じいさんがアルに手榴弾を手渡すシーン……ラピュタスキーなら反応しなくちゃ嘘でしょう!
焼きたて!! ジャぱん(194) 手だけじゃなくて外温にも気を使わなきゃ……あ、そこはツッコんじゃマズかったですか。
兄ふんじゃった!(51) あ――――――――――スキー行きて―――――――――――!!
最強! あおい坂高校野球部(53) 読んでてにへらにへらしてしまうのはしょうがないとして……あれ? 何人いるの?
絶対可憐チルドレン(27) 「弾丸がどこに飛ぶかは〜」 は紫穂が適当こいただけに1000チルノ。(本当だと思うけど)
  それはそうと皆本がついにロリの長い道へ旅立ったか……さようなら。もう会うことはないだろうけどお元気で――。
見上げてごらん(43) 時間をかけて積み上げた練習量があっても、それが逆に自信を削ぎ落とす場合もあるんですよっと。
読みきり(THROW OFF):他人の不幸を嘲り喜ぶサッカー部は悪で良いけど、主人公の自己中な性格は別問題では。
  感情移入するポイントがないせいか、普通に読めるけど特に思い入れはもてそうにもない……といった印象です。
からくりサーカス(機械仕掛の神76) えーと、先週までいろいろ文句言いまくっててごめんなさい。むっちゃ燃えました。
  ギイやヴィルマとは雲泥の差じゃないですかこの演出! そうだよ、この渋い熱血が藤田先生の魅力なんだわさ!
  もう二人の仕草から台詞のひとつひとつが燃えて燃えてしょうがないです。笑う? 笑えるけどそれ以上に熱いって!
  そりゃー190年ぶりに出た命令で、しかも戦うしか能のない人形が戦えと命ぜられたんだからあれくらい喜びますよ。
  あとは二人が、どんな形で命令を果たすか……どんな風に戦い、勝ち、そしてどんな形で戻ってくるか、ですね。
D-LIVE!!(43-7) 「お前がASEを捨てるのなら俺も…」  おい、俺も……俺もなんだァァァァァァ!!!
  さらっとプロポーズしやがって! 危うく見逃すところだったじゃねーか! ったく、No.1ヒロインはこれだから!
  でもそんなNo.1ヒロインのオーラをもってしても告白は叶わなかったわけで……性別の壁って高いですね(遠い目)。
  そして鳶が油揚げの理論でちゃっかり斑鳩の正妻の座を手にしたのは初音ちんか。烏丸先生はどうしてるんでしょうね。
  次回最終章スタートは、覚悟はしていたので今更言うことはありません。死ぬほど盛り上げてやってください!
ネコなび(30) そしてペロ先生は飼い主としての覚悟を持たないまま、さらに多くの命を抱え込むことになるんでしょうか。
  もう、実体験に即するうちにだんだん自覚が出てくることを祈るしかないんだろうな。出てこなかったらアレだけど……。
総括:燃えさせてくれた「からくり」の最古の二人に今週のMVPを進呈。久々にこの漫画で素直にグッと来た。良かった。
  ちなみに前回の感想のモノバイル能力考察をちょっと書き直してありますので、気になる方はどうぞ。





トップに戻る